楽しく合宿生活を過ごす

合宿で免許取得する利点

初心者マーク

自動車の運転免許は、合宿免許で取得しよう、でもどこの自動車学校にしたらいいか悩んでいる方は、新潟がおすすめです。
新潟県内には、多数の合宿プランを実施している自動車学校があります。
新潟県内には、観光地も多く、海の幸や山の幸などグルメを満喫したりすることができます。
観光も兼ねて教習も受けるのが合宿免許の醍醐味です。
通学の場合だと、技能教習の混雑具合や学科の教習などは自動車学校側の都合に合わせて通わなければならないため、卒業するまでに日数が掛かってしまうのが大半です。
特に夏休みや春休みなどの長期休暇時期は、学生で混みあいます。
このような繁忙時期は技能教習の予約が殺到して、教習がなかなか先に進まないこともあります。
そういった繁忙時期にあるにも関わらず、合宿免許の方は技能の予約状況など気にせずに毎日車を運転することができます。
入校と同時にカリキュラムが設定されていますので、通学制のように個人によって卒業までの日数がバラバラになってしまうことがないのです。
また、合宿免許は余程のことがない限り予定されていた日程をオーバーすることはないです。
万が一技能試験が受からず日程をオーバーしてしまった場合も保証プランがあるので料金のことは安心です。
合宿免許は、自動車学校によって観光やさまざまなイベント、特典を用意しています。
最初は知らない人同士で教習を受けますが、次第に仲良くなっていきます。
早期に免許取得、観光も楽しみたいなら新潟です。

事前調査で楽しく取得

運転する人

高校を卒業するころになると、18歳となり、自動車免許を取得できる年齢になり、学校に通いながら自動車学校に通ったり、大学、あるいは就職するまでの期間を利用して自動車学校に通うようになります。
しかし、急いで取得するのもよいのですが、合宿免許という方法があることを知っておくと、より楽しく免許証を取得できるかもしれません。
というのも、合宿免許取得という方法は、好きな場所に行って生活しながら車の免許が取れることから、レジャーと兼ねて取得ができるのです。
一般的に自動車学校でのカリキュラムは、一日当たりの乗車時間が決められており、十分な余暇ができるようになっています。
そのため、早めに車の教習を終え、レジャーを楽しむ時間も十分に確保できるのが特徴です。
新潟にはこうした合宿免許制で自動車免許証を取れる所が多くあり、新潟の地の利を生かした海岸線沿いの海水浴場近くの自動車学校や、スキー場に近い自動車学校が存在しています。
こうした新潟の合宿免許取得できる自動車学校を探したいときには、インターネットで「新潟の合宿免許」で検索すると、さまざまな自動車学校を探すことができるようになっています。
新潟は、大阪、東京といった場所からも意外と近く、交通の便もよいことから、各地から多くの人がやってくる魅力的なところです。
新潟で好きなレジャーを楽しみながら、しっかりと運転免許取得もできることから、格安の旅行気分で充実した時を過ごすことができるようになっています。

費用を抑えるなら

教習所

車の免許取得を考えていますか。
時間を上手く使って教習所に通うのが一般的ですが、もし長期の休暇が可能なら新潟の合宿免許を利用するのはどうでしょう。
合宿免許の最大の特徴は、短期間で集中して取り組めることです。
AT車なら14日、MT車なら16日で最短取得ができます。
費用は、20万円前後から30万円前後が一般的です。
AT車よりもMT車の方が1、2万円高いです。
また、お盆の時期に最も高い料金が設定されています。
そのため、少しでも費用を抑えたいなら、お盆の時期は避けた方がいいです。
また、宿泊施設によっても異なります。
施設内の寮にするのかホテルにするのかによって違います。
どちらかしかない合宿免許もありますが、総じて宿泊施設がホテルの方が費用は高くなります。
加えて、相部屋か一人部屋かといった部屋タイプの選択によっても費用は変わります。
当然、相部屋の方が安いです。
合宿免許の費用を抑える面だけでいうなら、お盆時期は避け、宿泊施設は寮の相部屋を選ぶのがいいでしょう。
しかし、寮の相部屋の居心地が悪くては合宿免許どころではありません。
寮の中には、部屋にテレビ・DVDプレイヤー・インターネット光回線などが設備されているところがあります。
セキュリティーも配慮されています。
24時間スタッフが常駐していたり、男女別棟であったりします。
新潟に2週間以上滞在するので少しでも快適に過ごせるように、吟味することが大事です。
せっかく新潟にいるので、ただ免許を取るだけでなく新潟の自然も堪能したいですね。
プランの中には自然散策・スキーやスノボが楽しめるものもあります。
自分にあった合宿免許を選びましょう。